車庫証明を 直接 申請する

ご参考になれば幸いです。概ね以下の書類が必要です。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 車検証
  • 所在図及び配置図
  • 保管場所を使用する権原を疎明する書面
  • 委任状
  • 印鑑
自動車保管場所証明申請書

交通課で貰えます。 ペラペラの4枚綴りの用紙です、複写式。これに記入したものがそのまま証明書になります。書き損じ等に注意が必要です。
余談ですが「登記されていないことの証明書」と似たような感じです。

車検証

車台番号やら寸法やら、ここから転記するのが一般的でしょう。提出はしません。

所在図及び配置図

所在図
使用の本拠と車庫(駐車場)の場所を記載します。地図のコピー添付可とはなっているようですが、無償での地図の複製は許諾されていない場合が殆どですので、手書きやペイントソフト等で対応しましょう。

配置図
車庫(駐車場)の寸法や場所を記入します。
所在図と配置図の双方に当てはまりますが、提出時に目印になるもの(建物等)を結構確認されますので、意識して作成されると宜しいでしょう。配置図なら、宅地と車庫と道路、目印になりそうなものの位置関係を意識しましょう。

保管場所を使用する権原を疎明する書面

車を駐車する予定の場所が、車庫として使用が認められているのかどうか確認するための書類です。自己や親族所有でしたら話しは早いですが、月極駐車場やアパートに付属の駐車場で申請の予定の場合には、オーナーに相談してみましょう。
保管場所を使用する権原を疎明する書面に関しては県警本部サイトの中段の記載もご参考にされて下さい。
自動車の保管場所(車庫)証明手続き|宮崎県警察本部

これらを全て警察署で作成しようとすると大変ですので、ある程度下書きした上で交通課窓口にてご相談されながら完成されると宜しいでしょう。

前後しますが、日向署の場合、交通課は入り口直ぐ右手です。記入台もあります。申請には手数料がかかりますが、県収入証紙で納めます、印紙ではありません。日向署奥、交通安全協会でも購入出来ます。この証紙は貼らずに窓口まで持ち込んだ方がいいです。書き直すような事態になった時に大変ですので。

車庫証明書は先ほどの4枚つづりの一部がそのまま車庫証明書になりますので、車台番号など、書き写し間違いがないように注意しましょう。

提出後、4枚つづりの内1枚を渡されますので、後日、そちらと印鑑を持って、再来署します。土日祝除く、3~4日かかります。控え(ではないですが)と交換で、車庫証明と保管場所標章(車庫証明シール)を受領します。

保管場所標章は該当の車両に貼りますが、外側に貼ると、太陽光でボロボロになって最終的に剥げてしまう恐れがあるようなので、出来れば車内から貼った方がいいように思われます。剥がれて紛失した際の再発行は、また車庫証明を依頼した警察署に頼みに行く事になります。

やはりご自身での申請は難しい…と思われるような時は、是非下記までご相談下さい。
車庫証明お届けまでの流れは、こちらのリンクをご参考下さい。

メールフォームはこちらから

Posted by 吉永 健作